むし

中村宏について

中村宏略年譜

  • 1932
    静岡県浜松市に生まれる。
  • 1951
    日本大学芸術学部美術学科に入学、
    翌年より現在まで練馬区に在住。
  • 1953

    青年美術家連合へ参加
    第1回個展(長崎北荘画廊)、
    以後現在までに50回を越える個展を開催
    「ニッポン」展(東京都美術館)、
    以後第7回まで出品

  • 1954
    「第7回日本アンデパンダン展」(東京都美術館)、
    以後第14回展(1961年)まで出品
  • 1955
    前衛美術会へ入会
  • 1960
    「超現実絵画の展開」展(東京国立近代美術館)
  • 1967
    大岡昇平(著)『レイテ戦記』連載のための挿絵を手がける
    (『中央公論』1月〜1969年7月号まで)
  • 1969
    美術校創設に参加、中村宏油彩画工房を担当
  • 1981
    「現代美術の動向I・1950年代─その暗黒と光芒」(東京都美術館)
  • 1985
    「日本の前衛芸術 1945─65」展
    (オックスフォード近代美術館、英国ほか)
  • 1986
    「前衛芸術の日本 1910─70 [ Japon des Avant Gardes 1910 - 70 ] 」
    (パリ、ポンピドゥ・センター)
  • 1988
    「日本のルポルタージュ・アート」(板橋区立美術館)
  • 1991
    「芸術と日常─反芸術/汎芸術」(国立国際美術館)
  • 1995
    「現代美術の手法(1)コラージュ」(練馬区立美術館)
  • 1997
    「ねりまの美術'97池田龍雄・中村宏」展(練馬区立美術館)
  • 1998
    「戦後日本のリアリズム 1945─1960」(名古屋市美術館)
  • 2001
    「戦後美術の断面─馬場彬とサトウ画廊の画家たち」(秋田県立近代美術館)
  • 2002
    「20世紀。美術は虚構を認知した」(板橋区立美術館)
  • 2003
    東京造形大学客員教授に就任
  • 2006
    「縄文と現代」(青森県立美術館)
  • 2007
    「中村宏 │ 図画事件 1953─2007」(東京都現代美術館/名古屋市美術館)

主な作品集・著書に『中村宏○画集 望遠鏡からの告示』(現代思潮社, 1968年)、
『機械学宣言 地を匍う飛行機と飛行する蒸気機関車』(稲垣足穂との共著, 仮面社, 1970年)、
『機甲本イカルス』(稲垣足穂との共著, 呪物研究所, 1973年)、
『図画蜂起 1955─2000』(美術出版社, 2000年)、『絵画者 1957─2002』(美術出版社, 2003年)などがある。

pagetop